ガスバリア技術

ガスバリア・コーティング ナノコンポジット・ガスバリア液

ガスバリア技術―無機と有機のハイブリッド・ガスバリア液 ユニレックス

ロールコート・スプレーコート・ディッピングコート・スクリーンコート・スピンコート等、色々なコーティングが可能です。
バリア液を塗布する事によりバリア性を上げるガスバリア技術です。

 

コート断面(ガスバリア皮膜)

ガスバリア皮膜は板状無機酸化物とバインダーとしての有機樹脂の層から出来ています。

プラスチック基材等の上に、板状無機酸化物を何層にも並べる様にコーティングされます。

基材とガスバリア皮膜の接着力を強固にする為にプライマー処理が必要です。
弊社のシリコーター処理をお薦めします。

 

 

ガスバリア皮膜の機構

有機樹脂はプラスチックの中では比較的ガスバリア性のよいEVOHを使用しています。
それでもガス(例えば酸素)はガスバリア皮膜の表面の有機樹脂から侵入していきます。
酸素は樹脂の切れ目から内部へ徐々に侵入してゆきますが徐々に減衰してゆき、基材への侵入を防いでいます。

 

 

応用分野

  • プラスチック・ブローボトルの外面にスプレーコートによりガスバリア性改善
  • プラスチック・射出成型カップの外面にコートによりガスバリア性改善
  • 各種プラスチックフィルムへのスクリーンコートによりガスバリア性改善

 

お問合せ、ご相談はお電話又は
FAX、MAILにてお願い致します。

■TEL :0436-41-3105

■FAX:0436-41-3659

■MAIL:info@blens.jp

 

ページトップ